一人親方

雇用保険とは、「労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うもの」です。

一人親方もこの雇用保険に加入することはできるのでしょうか。

一人親方は雇用保険に加入できるのか?

結論から言うと、一人親方は雇用保険に加入することはできません。

雇用保険は「労働者」=「雇用されている人」が加入できる保険なので、個人事業主となる一人親方は加入することはできません。

でも、労災保険は加入できるでしょ?という質問を受けることもあるのですが、雇用保険と労災保険は違うものです。

労災保険とは?

労災保険(労働者災害補償保険)とは、労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、死亡した場合に被災労働者や遺族を保護するための保険給付を行う制度です。

労働者を雇用している事業主は「労働者のために」労災保険に加入しなければならないものです。

一人親方の場合は、基本的には労働者を雇用していないので、労災保険に加入する必要はない、というよりも加入できません。

一人親方がけがをしたら?

一人親方は個人事業主のため、労災保険の対象にはなりませんが、建設現場など危険度の高い職場でのけがなどの災害リスクは結構高いです。

ということで、一人親方には労災保険の特別加入制度というのがあります。

一人親方の特別加入の労災保険料は国で決められているので、一律ですが、そこそこの保証額にするとそこそこの保険料がかかります。

そのため、以下の記事でご紹介しているいわゆる「労災上乗せ保険」を活用することをおすすめしていることがほかのサイトを見てみても多いですね。

知らないと損をする一人親方の特別労災(休業補償)を安くする方法