クレーンオペレータ 一人親方

このページではクレーンオペレーターとして一人親方になった場合の年収や将来性について書いています。

クレーンオペレーターの一人親方の年収は?独立して将来性はあるのか?

クレーンオペレーターの年収ですが、会社勤めの場合は

おおよそ年収で450~550万程度のようです。

クレーンオペレーターは、有資格者でなければならないので、給与は他の現場作業員よりは高い水準です。

会社によっては資格手当てが出る場合もありますので、それが上乗せされている場合もあります。

それでは、一人親方の場合のクレーンオペレータの年収はいくらくらいなのでしょうか?

クレーンオペレーターの一人親方の年収

一人親方の場合の年収についてはかなりの幅があるので難しいところですが、

安くても日当3万円くらいはもらえそうです。

これで、20日換算だと60万円、25日換算だと75万円となります。

ただし、これもそれだけの稼働があった場合になります。

ここから重機代、移動費などがかかるので、3分の2くらいと考えておいた方がよいかもしれません。

クレーンオペレーターとして独立した場合の将来性

建設業自体で高齢化が進んでいるため、おそらくクレーンオペレーターの仕事自体が減ることはないと思います。

DX等で現場にもデジタル化が進められていますが、それでもクレーンオペレーターの仕事がなくなるわけではないので、資格を持っていてそれなりの技術があれば十分食べていけると思います。

体力的に厳しいところもありますが、それでも他の職種と比較すると体への負荷はそれほど高くありません。その分精神的には疲れますが。

以上が、クレーンオペレーターの年収と独立した場合の将来性についてでした。

実際のクレーンオペレーターの方のご意見、コメントが聞けるとうれしいです。