一人親方

今回は常用契約書についてのお話です。

「一人親方と常用契約書で契約する」というような話を聞いたことがありますが、そもそも、この話はポイントがずれているようです。

一人親方の常用契約について

「常用」とは、通常

ある工事に1人1日いくらで何時から何時まで人を出してくれ

と他社に依頼することを指します。

そうなると、他社(仮にA社とする)は、自社のスタッフをその工事に派遣(建設業法で派遣は禁止されている)していることになるので、これはOUTです。

なので、「一人親方」と「常用契約」というのは、本来共存することがないはずのこと、となります。

このような運用をしていると本来労働者として雇用すべきスタッフを、社保逃れから「偽装一人親方」として扱っているという指摘をされることになります。

では、どうすれば良いかと言うと、この場合A社は、日額と見込みの日数で金額を出して、単価と総額での工事請負契約書を作り、一人親方と契約するのがよいでしょう。

社保の費用負担から逃れるために一人親方扱いをする会社が多いので、一人親方に何か事故等があった場合、監督署は指揮命令の実態や契約書を見て判断するようになっています。

そのため、工事請負契約書がないと問題になる場合があります。

単価契約について

建設業界でよく聞かれる「単価契約」ですが、この単価契約も常用契約と同じことです。

単価契約とは普通の労働契約と同じで、時間に応じた単価支払いの事を指しています。

要するに、その会社に日給、時給で労働力を提供するために雇われている状態で、これは請負契約ではなく、「雇用契約」です。

  • 常用契約
  • 常用単価
  • 単価契約

と言われるようなものは、雇用主・使用者の請負会社に雇い入れられている労働に従事している契約のことになります。

なので、この場合「一人親方の働き方ではない」と判断されてしまうことがあります。

いわゆる偽装一人親方として認定されてしまうわけです。

そのため、一人親方・個人事業主の場合は、「建設工事契約」が求められます。

労働を時間を決めて提供する労働者職人

一言に一人親方と言っても、

  • 労働力を時間決めで販売する「労働者職人」の一人親方
  • 受注事業に自らの労務を供給する「事業者職人」の一人親方

の2種類があると言えます。

労働者職人の方は、雇用主・使用者の指揮命令、労務指揮権・人事権の行使労働として使用される従属関係となります。

よって、工数・労働力・人工そのものとして労働に従事することになるので、個人事業主の一人親方として請負契約をしているものとは内容が違います。

そのため、この労働者職人の方を一人親方と呼ぶのは正しくないですし、混乱するだけです。

一方、事業者職人と呼べれるタイプの人は、きちんとした個人請負・一人親方の事業者、と言えるのではないでしょうか。

納期、工期、品質、資材、在庫、技術、営業等、事業の運営上の責任を担い、発注者である施主や元請、上位下請との関係においても資金繰りや受注事業のリスクを負う事業者職人です。

本来であれば事業者職人だけが一人親方と呼ばれて良いはずですが、前者の労働者職人も一人親方として扱われている人たちが沢山いるわけです。

偽装一人親方問題

実際のところ労働者職人タイプの一人親方との契約をしている場合ですが、早急に工事請負契約としてきちんと契約できるようにした方がよいです。

そして、一人親方とは言え、実際には常用の労働者職人である場合は、雇用契約に切り替えていかなければなりません。

これは、事業主にとっては結構大変なことです。

雇用契約を結べば、手続きや社会保険の加入など、事業主側への負担が増えることになります。

何か良い手はないものでしょうか。

国土交通省でも偽装一人親方の問題が取り上げられています。

建設業の一人親方問題に関する検討会

それに対しての最適な落としどころがないことが、建設業界の偽装一人親方問題の根が深い理由なのではないかと思えてしまいます。

一人親方は労災保険の加入を忘れずに

一人親方であれば労災保険に加入することを忘れないでください。

個人事業主だから労災保険に加入できないと思っている一人親方もいるようですが、特別加入制度がありますので、労災に加入することができます。

建設現場などの危険を伴う職場ではケガなどのリスクは大きいです。

ケガをして1日でも休むことがあれば、サラリーマンと違ってその分収入が減ってしまいます。

労災の休業補償がないと収入がゼロになります。

なお、労働組合等の特別加入労災だけでは補償金額が不安ですし、もし、それなりの金額の休業補償をつけようとすると保険金が高くなってしまいますので、以下の記事で紹介しているものを活用してくださいね。

知らないと損をする一人親方の特別労災(休業補償)を安くする方法