一人親方におすすめの物損保険は?現場で仕事をする個人事業主へ

お役立ち情報

仕事をしていると、どうしても事故のリスクはつきものです。

特に建設業だとそのリスクはかなり大きい。

物を壊したり、借りた工具を壊したりすることもあります。

そんな時のために物損保険には加入しておかないと大変なことになります。

今回は一人親方におすすめの物損保険をご紹介します。

一人親方におすすめの物損保険は?

物損保険とは、いわゆる損害保険のことですが、損害保険と言っても

  • 自賠責保険
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 傷害保険

などの様々な損害保険があります。

そして、一人親方などの個人事業主に必要とされる損害保険が「損害賠償保険」です。

損害賠償保険は、仕事上で偶然に起きた事故などによって法律上の賠償責任を負わなければならなくなった場合に使える保険です。

要は損害賠償のリスクに対応するための保険ということです。

賠償責任保険が補償してくれる内容

賠償責任保険が補償してくれる内容は、

  • 仕事中に誤ってお客さまにケガを負わせてしまった
  • お客様のものを壊してしまった

というものなどです。

建設業の場合は、お客様や請負先のものを壊してしまった場合や、誤って他の作業員にけがを負わせてしまうこともありますので、この部分が補償されるということになります。

※内容によっては補償されないこともあります。

賠償責任保険というと法人向けのものが一般的でしたが、最近では個人事業主向けの賠償責任保険も出てきています。

一人親方に賠償責任保険は必要なのか?

ところで、一人親方に賠償責任保険は必要なのか?

一人親方が請け負う範囲は結構限られているので、損害賠償請求がされることなどないのかと思われがちです。

結論から言うと一人親方にこそ賠償責任保険は必要です。

資金に余裕があるのであれば、保険に加入する必要はありません。

要は、賠償責任が生じた際に賠償金を支払う経済力があれば加入しなくてもよいのですが、通常一人親方などの個人事業主は、賠償金を支払うような資金力がありません。

そのため、賠償責任保険には加入しておくべきなのです。

おすすめの賠償責任保険

ここからは一人親方でも加入できる賠償責任保険をご紹介します。

※一人親方におすすめの賠償責任保険としてご紹介しますが、加入の可否は直接保険会社に確認してください。

AIG損保 事業総合賠償責任保険STARs

日本国内で生じた対人・対物事故から純粋財物使用不能、人格権侵害・宣伝障害による損害まで、幅広い賠償リスクを補償します。

保険料は直近の会計年度(1年間)の売上高に基づき保険料を算出されます。

>> AIG損保 事業総合賠償責任保険STARs

三井住友海上 建設工事保険

住宅・マンション・事務所ビルその他の建築工事が対象の保険です。

保険料は、保険金額・支払限度額、免責金額、工事期間、完成後建物の構造級別等によって決定されます。

>> 三井住友海上 建設工事保険

損保ジャパン 商賠繁盛(工事業)

工事業に必要な補償をパッケージ化した商品です。

保険料は、事業規模、事業内容によって決まります。

>> 損保ジャパン 商賠繁盛(工事業)

あいおいニッセイ同和損保 タフビズ建設業総合保険

「ワイドプラン」「ベーシックプラン」の2種類のプランがあります。

保険料については、Webサイトを確認してください。

>> あいおいニッセイ同和損保 タフビズ建設業総合保険

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました