一人親方におすすめのかっこいい名刺が簡単に作成できました

お役立ち情報

個人で事業をしているなら、顔ともいえる名刺にはこだわりたいですよね。

PCやスマートフォンから誰でも簡単にかっこいい名刺を作ることができます。

こんなのとか、

こんなのです。

一人親方でこれから名刺を作ろうと思っているのであれば、絶対以下のサイトでかっこいい名刺を作りましょう。

かっこいい名刺を簡単作成

そもそも、一人親方に名刺は必要か

会社に雇用されている職人さんは基本的には名刺を使う機会はほとんどありません。

でも、一人親方は違います。

自分が社長であり、営業マンであり、職長であり、実際に作業をする作業員でもあります。

2次下請等で入ることも多いと思いますが、元請の所長や担当者と顔を合わせることが多いです。

そのため、名刺は持っておく必要があります。

また、横のつながりで仕事をもらっていることが多いと思いますが、これからの時代はそれだけでは生活していくのは厳しいかもしれません。

しっかりと顔をひろげるためにも名刺はとても重要な武器になります。

また、どうせ名刺を渡すならインパクトのある名刺にした方が絶対に有利です。

名刺を渡した時点で話のネタにもなり、そこで交わす一言がその後の仕事につながることもあります。

是非かっこいい名刺が簡単に作れるこのようなサービスを使って営業力を高めてください。

かっこいい名刺を簡単作成

一人親方の名刺はどんなデザインにしたらいい?

名刺のデザインはかっこいいものにした方がよいですが、基本的な情報も必要です。

基本的な情報とは

  • 会社名(屋号や個人名の場合も)
  • 連絡先
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 所有資格

あたりとなります。

法人の場合は会社名を書きますが、個人の場合は名前のみで問題ありません。

最近はSNSのIDを入れる人もいます。

中でも一般的なのがLINE IDです。

連絡手段は多いに越したことはありません。

職種を入れることを忘れずに

一人親方でも、名刺に職種は忘れずに入れるようにしましょう。

職種が分からないとあなたがどの業種の工事ができるのかわかりません。

下請が見つからずに困って名刺をあさる、というパターンは結構多いのですが、その際に担当工種が書いていないとスルーされてしまいます。

だから職種はわかりやすく、大きく表示すべきです。

所有資格も書く

持っている資格は積極的に書きましょう。

建設業は資格がないと仕事ができないものが沢山あります。

逆に資格を持っていればそれだけ仕事が回ってくる可能性が高いと言えます。

必要であれば電話で確認してくると思うかもしれませんが、その考え方は甘いです。

発注側はわざわざ電話で確認するくらいなら、名刺に資格が書いている人にあたります。

一人親方の名刺は屋号で

一人親方で屋号があるのであれば名刺は会社名を屋号とします。

見積書、請求書、その他にも様々な書類のやり取りが発生することがあります。

また、銀行口座が屋号で登録されている場合もあると思います。

その際に、屋号が分からないと困ります。

また、屋号と個人名の書類がそれぞれあると混乱するので、屋号があるのであれば名刺には屋号を記載して、すべての書類等のやり取りでも屋号を使うのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました