一人親方

一人親方の場合の会社名の付け方。これは結構悩みます。

軽い気持ちで変な会社名を付けてしまうと後から大変なことに。。

そうならないためにも注意点をチェックしておきましょう。

一人親方が会社名、屋号を付けたら変更しない

一人親方となったら税務署に開業届を提出します。

その際に必要な屋号。

屋号は廃業まで基本的に使い続けるものなので、一度決定したら変更はしない、できないと思っておいた方がよいです。

屋号が使われるシーン

一人親方の会社名、屋号を書くことがあるのは主に以下のようなシーンです。

  • 請求書
  • 領収書
  • 確定申告
  • 各種申請書
  • 名刺
  • 銀行口座
  • 工事の書類
  • 安全書類

このようなときに会社名や屋号が使われます。

よって、変な会社名、屋号を付けるととても恥ずかしい思いをすることになるのは想像できると思います。

会社名、屋号に使えない文字

屋号の登録はそこまでルールは厳しくないのですが、使えない文字があります。

それが以下の2つです。

  • 「会社」や「法人」などの表現
  • 商標登録されている名称

会社や法人などの言葉は法人を連想させるので、使用しないことが望ましいです。

また、商標登録しているものを使うと、差し止め請求や最悪訴えられる可能性もありますので、避けましょう。

商標登録の状況は以下のサイトで確認可能です。税務署では教えてくれませんので自分で確認しましょう。

特許情報プラットフォーム

屋号をインターネットで検索する

上記の条件以外にもインターネットで屋号を検索してみて、同名の一人親方やフリーランスの人がいないかは軽くチェックしましょう。

同業でなければそれほど絡む機会はないと思いますが、同じ屋号の人がいた場合、取引先やお客様から誤解がされやすいですし、難癖をつけられる可能性もゼロではありません。

後でトラブルになると大変なので「避けた方が無難」です。

おすすめの屋号の付け方

おすすめの屋号の付け方ですが、最近は横文字が多いですが、やっぱりわかりやすいのは日本語で専門の工種が含まれてるパターンです。

例えば

  • 〇〇電気
  • ○○塗装
  • 〇〇土木
  • ○○内装

など。

ただ、昔ながらのこのような屋号は「かっこ悪い」という人もいると思います。

その場合は、英語やカタカナにするもありだと思います。

英語の例としては

  • 電気:electrical、electric
  • 塗装:painting、paint、coating、painter
  • 土木:civil engineering(CE)
  • 内装:interior

などです。

省略をしてすっきり見せていることもありますね。

基本は分かりやすいのがベストなので、どちらかというと英語よりもカタカナの方をおすすめします。

建設業はいまだに年配の方が活躍する業界なので、英語だと「なんの仕事をやっているのか分からん」と言われてしまう事もありますので。

屋号を考える時の方法論

屋号を考える時の方法論としては、一つ、二つではなくできる限り候補を沢山作りましょう。

  1. 多くの候補を挙げる
  2. 商標チェックをする
  3. インターネット検索をする

この順番で候補を絞り込み最終的に決定するのがよいでしょう。