一人親方

一人親方が会社に所属している、ということはあるのでしょうか。

もしかするとそれは偽装一人親方として指摘されてしまうかもしれません。

一人親方が会社に所属している?それって偽装一人親方ではありませんか?

一人親方は個人事業主なので、会社に所属していることはありません。

そのため、会社に所属している一人親方がいたとしたら、それは偽装一人親方として指摘されてしまうかもしれません。

偽装一人親方とは?

偽装一人親方とは、会社の社会保険の負担を減らすために従業員としての働き方をしているのにも関わらず独立させられている一人親方のこと。

一人親方とは名ばかりで実際には、その会社の従業員と同じように働かされます。

一人親方の働き方とは?

一人親方の働き方とは、以下のような働き方です。

  • 急な仕事を依頼されても断ることができる
  • 仕事が早く終わった時などに予定外の仕事を依頼されても断ることができる
  • 就業規則など服務規律が適用されない
  • 仕事の就業時間(始業・終業)は決められていない
  • 仕事が早く終わった場合、自由に帰ることができる
  • 仕事が早く終わった場合、他の現場の仕事に行くことができる
  • 都合が悪くなって、代わりの者が必要な場合は自分で探す
  • 仕事で使う機械・器具は自分で用意する
  • 報酬(工事代金又は賃金)は工事の出来高見合いである

これに該当しない(このような働き方が出来ずに会社に縛られている)場合は、一人親方の働き方ではなく、雇い主との雇用形態での働き方となっている可能性があります。

その場合は、きちんと会社と雇用契約を結ぶか、独立した個人事業主の一人親方としての働き方をするかの選択をする必要が出てきます。

注意して下さい。